無痛治療

麻酔法の進歩により、可能となった無痛治療

teeth

歯科治療と聞くと、どのような印象をもたれるでしょうか。多くの方が、痛い、怖いなどマイナスのイメージをもたれると思いますが、現在、このイメージは大きく変わりつつあります。 理由としては、無痛麻酔の導入があります。近年、歯科治療における麻酔治療が大きく進歩し、多くの歯医者がこの麻酔方法を導入しています。 代表的な無痛麻酔として、表面麻酔の導入があります。以前の歯科治療なら、麻酔が必要な場合、治療する歯の歯茎に注射針で、いきなり麻酔を注射していました。しかし、現在はこの麻酔注射を行なうための表面麻酔があり、注射の前に歯茎に麻酔を塗っておくことで注射の痛みを和らげることが可能となりました。 表面麻酔は現在多くの歯医者で利用されていますが、使用していない歯医者もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

どうしても怖い方は、笑気麻酔を利用しよう

歯科治療で進みつつある無痛治療ですが、治療自体の痛みはもちろん、歯医者の歯を削る音を聞いただけで怖くなる方がおられます。こういう方は、子供の頃の治療がトラウマになっていることが多いのですが、このような方のための麻酔法が笑気麻酔です。 笑気麻酔は、笑気ガスを鼻から吸い込む麻酔法で、患者の気分を楽にし、治療に対する恐怖を和らげることができます。また、笑気麻酔と似た麻酔法に全身麻酔がありますが、笑気ガスは全身麻酔に比べて吸入するガスの濃度が低濃度となっているため、意識を失うことはありません。 笑気麻酔は医療保険の適用も可能なため、3割負担で約1000円と低価格で利用できます。興味のある方は、笑気麻酔を利用できる業者をインターネットなどで検索してみましょう。